EDとは

EDとは英語で「Erectile Dysfunction]、日本語では「勃起不全」と訳されます。

完全に勃起できない状態だけではなく、勃起に時間がかかったり、途中で萎えてしまったり性行為が満足に行えないなどもEDの疑いがあります。

「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と専門的に定義されています。

日本では1998年の調査で成人男性の4人に1人が、時々性交できない「中等度ED」、常に性交できない「完全ED」という報告がでております。

データーが古いため、現在ではもっと多くの患者さんがいると推定されています。

EDが起こる原因とは?

EDは年を重ねると割合は高くなります。

しかし、最近では20代や30代の若い世代にもEDになる人が増えています。

仕事や人付き合いなどの精神的ストレス、不規則な食事や運動不足、飲酒・喫煙などの生活習慣もEDが起こる原因となっています。

さらに、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の方はEDのリスクはさらに高くなります。

勃起とは、性的刺激が脳からの信号によりペニスに伝わるとペニス内部の陰茎海綿体の動脈が大きく拡がり血液が流れこみ起こります。

その後勃起を抑えるPDE酵素により勃起を抑制し通常にもどります。

ストレスによりPDE酵素が多く分泌されたり、生活習慣や加齢による動脈硬化により血液の流れが少なくなると、満足な勃起状態が得られない、ED(勃起不全)となってしまいます。

EDのセルフチェックをしてみよう

21点以下はEDの疑いあり!?

最近6ヶ月の状態について当てはまるものを1つずつ選んでください。

問1.勃起してそれを維持する自信はどの程度ありましたか。

1点:非常に低い

2点:低い

3点:中くらい

4点:高い

5点:非常に高い

問2.性的刺激によって勃起した時、どのくらいの頻度で挿入可能な硬さになりましたか。

0点:性的刺激はなかった

1点:ほとんど、または全くならなかった

2点:たまになった(半分より低い頻度)

3点:時々なった(ほぼ半分の頻度)

4点:しばしばなった(半分より高い頻度)

5点:ほぼいつも、いつもなった

問3.性交の際、挿入後にどれくらいの頻度で勃起を維持できましたか

0点:性交を試みなかった

1点:ほとんど、または全く維持できなかった

2点:たまに維持できた(半分より低い頻度)

3点:時々維持できた(ほぼ半分の頻度)

4点:しばしば維持できた(半分よりかなり高い頻度)

5点:ほぼいつも、またはいつも維持できた

問4.性交の際、性交を終了するまで勃起を維持するのはどのくらい困難でしたか

0点:性交を試みなかった

1点:極めて困難だった

2点:とても困難だった

3点:困難だった

4点:やや困難だった

5点:困難でなかった

問5.性交を試みた時、どのくらいの頻度で成功に満足できましたか

0点:性交を試みなかった

1点:ほとんど、または全く満足できなかった

2点:たまに満足できた(半分より低い程度)

3点:時々満足できた(ほぼ半分の頻度)

4点:しばしば満足できた(半分より高い頻度)

5点:ほぼいつも、またはいつも満足できた

7点以下:重症 8~11点:中等症 12~16点中等:軽症 17~21点:軽症 22点以上:正常。

↑ PAGE TOP